G2 の shox が右手首の手術を行うことを発表、試合には影響しない予定

G2 の shox が右手首の手術を行うことを発表、試合には影響しない予定

Image: Twitter @G2esports

France G2 esports のチームリーダー France shox が、右手首の嚢胞を取り除く手術を行うことを発表しました。チームは予定されていた試合のリスケジュールを各大会運営に要請しており、試合に直接的な影響はないとみられます。

トッププレイヤーでは3人目の手首負傷、試合には影響なし

先の ELEAGUE Major: Boston 2018 にてベスト8入りを果たした France G2 esports のエースでありチームリーダーの France shox ですが、昨年1年間を通して右手首に痛みを感じており、12月にMRIスキャンを実施。メジャー大会終了後、右手首の腱の下部に 2cm ほどの嚢胞がある という結果を知らされました。

この嚢胞は手術による摘出が必要であると診断されましたが、困難な手術ではなく、合併症の可能性もほとんどないとのことで、現地時間の3月23日に手術を行うことを決定。術後2週間はシーネによる固定を行い、その後にリハビリを実施。嚢胞を除去してから最大で8週間後には元のパフォーマンスに戻るとのことです。

France G2 esports に予定されている大会の試合については、手術前までは France shox を含むメンバーでプレイ。その後の3月23日~4月8日に予定されている試合のリスケジュールを行えるかどうか大会運営元に現在確認中で、もしリスケジュールが行えない場合その間はコーチの France SmithZz を起用して試合に臨み、4月9日からは France shox はスターティングメンバーに復帰。その後4月18日から予定されているLAN大会 Dreamhack Masters Marseille 2018 には問題なく出場できる見通しです。

過去には Sweden olofmeister や Slovakia GuardiaN も苦しめられた手首の負傷ですが、それらと比べると軽度なようなので、安心して復帰を見守りましょう。