2023年11月09日 パッチノート

目次

[ ゲームプレイ ]

  • サブティック入力(例えば、移動加速や銃口のフラッシュなど)からのビジュアルとオーディオのフィードバックは、常に次のフレームでレンダリングされるようになります
  • 射撃のばらつきに使われる乱数がデフォルトでクライアントとサーバー間で同期されるようになりました。これにより、トレーサーやデカールがサーバーの権威ある軌跡とより密接に一致するようになります。注記: ばらつきは10/14以降、Valve公式サーバーで同期されています
  • ジャンプ直後に移動キーを押すと不規則なジャンプ高さになるバグを修正しました

[ マッチメイキング ]

  • 4人パーティーでもプレミアモードのキューに入れるようになりました
  • 4人パーティーと同じチームにマッチしたソロプレイヤーはキックできません
  • プレミアモードでの活動休止期間後にCSレーティングを再確立するアルゴリズムを調整しました

[ オーディオ ]

  • 手榴弾のバウンド音の最大聞こえる距離を減少させました
  • 遮蔽フィルターの品質を向上させました
  • 攻撃者にフィードバックとして再生されるヘッドショット音が受けたダメージと間違えられることがある問題に対処しました
  • 防具なしでのヘッドショットダメージの音量を被害者の視点から他のヘッドショット音と同じラインにするために減少させました
  • ジャンプ着地音を足音と同じ最大聞こえる距離に変更しました
  • 距離をより良く伝えるために、ジャンプ着地音の音量減衰曲線を変更しました
  • 複数のモロトフ消火エフェクトが同時に再生される時の音を改善しました
  • プレイヤーが回転することで爆弾解除が途中で中断された際の火花の音フィードバックを復活させました
  • 非常に近距離で、被害者の死亡うめき声が攻撃者からのものと間違えられる問題を修正しました
  • サイレンサーを装着していないm4a1-sが遠方からの銃声を持っていないケースを修正しました

[ マップ ]

Mirage

  • 宮殿のベンチ上のクリッピングを修正しました
  • Aサイトのボックスの高さをCS:GOに合わせて低くしました

[ エフェクト ]

  • 近距離での血痕エフェクトのパフォーマンスを改善しました
  • 爆弾の後ろからの光の可視性を向上させました
  • スコープ付きライフルをクイックスイッチする際の銃口フラッシュを減少させました
  • 5キル後のキルストリークHUDエフェクトの強度を減少させました

[ CSTV ]

  • CSTVデモファイルのコンテンツ録画開始タイミングを制御する設定 “tv_record_immediate” を追加しました。この設定が有効の場合、コンテンツはサーバーでtv_recordが実行された瞬間から開始します。無効の場合、コンテンツはtv_delay前から録画が開始されます
  • 遅延CSTV視聴を有効にしなくてもCSTVデモが録画できるようになりました。設定 “tv_record_immediate 1” を有効にして、録画を開始したい時に “tv_record” を実行する必要があります

[ その他 ]

  • CS:GOとの一致をより良くするために、いくつかのステッカーの摩耗値を調整しました
  • 特定の状況でlight_environmentが静的影を焼き付けるのを防ぐワークショップツールのバグを修正しました
  • ‘Performance’ HDRレンダリングモードの品質を向上させました
  • ウィングマンモード用のワークショップマップのアップロードを有効にしました

https://store.steampowered.com/news/app/730/view/3800535912282829073?l=japanese

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次